【レビュー】METRO(メトロ)「木枠フットヒーター手元電子コントローラー式」

2018年10月13日
0
暖房器具
冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。

Amazon製品ページ
サイズ: 1灯式
METRO(メトロ) 木枠フットヒーター(1灯式) 手元電子コントローラー式

・定格 AC100V 180W 50-60Hz
・発熱体 ハロゲンヒーター
・温度調節 手元電子コントロール式(連続電力自動制御)
・安全装置 温度ヒューズ/電流ヒューズ
・電源コード 丸打ちコードタイプ3m 電子コントローラー付 KET22(B)
・寸法 幅46.5(49)×奥行き21.8×高さ10.7cm
・重量 3.0kg
・5時間自動切タイマー内蔵
※寸法の( )表記は器具用プラグを含みます。

メトロ公式サイト



Amazon製品ページ
サイズ: 2灯式
METRO(メトロ) 木枠フットヒーター(2灯式) 手元電子コントローラー式

・定格 AC100V 320W 50-60Hz
・発熱体 ハロゲンヒーター(2灯式)
・温度調節 手元電子コントロール式(連続電力自動制御)
・安全装置 温度ヒューズ/電流ヒューズ
・電源コード 丸打ちコードタイプ3m 電子コントローラー付 KET22(B)
・寸法 幅80.4(82.9)×奥行き21.8×高さ10.7cm
・重量 4.0kg
・5時間自動切タイマー内蔵
※寸法の( )表記は器具用プラグを含みます。

メトロ公式サイト



製品画像・レビュー


IMG_20181013_215433.jpg

IMG_20181013_215525.jpg

IMG_20181013_215012.jpg

IMG_20181013_214934.jpg

最近までクーラー入れていたのに秋は何処へ・・・。

パソコンデスクの下に設置するヒーターを引っ張り出してきました。もう3年使っていますが、壊れることもなく快調です。いわゆるフットヒーターってやつです。足を直接置けるので、非常に温かいです。2灯式タイプは最大出力320Wと非常にハイパワー。サブ暖房としては十分な性能では無いでしょうか。

これの1灯式でも180Wありますので十分なスペックです。1灯式は、ばーちゃんにプレゼントしました。非常に気に入ってくれています。机の下にスペースが無い場合でも、幅の狭い1灯式はスマートに設置できます。

写真を見ると火傷しそうなくらいハロゲンが光っていますが、実はハロゲンヒーター部分の上部にブリキの傘が付いているので、足を置いていられないほど熱くはなりません。まぁ長時間置いていると低温火傷はするでしょうから、気をつけましょう。

灰色の網は植毛加工されています。こたつのヒーターによく採用されているアレです。実際に使用した感じでは、本体が温まってくると強さは3あたりで十分です。

強さの段階: (弱、1、3、5、7、強) 無段階調整式、写真は5で撮影

真冬で部屋が暖房入っているなら、5以上だと暑いです。ヒーターを入れていなくても、足の置台としても使えます。本体がかなり頑丈に出来ており、重さもあるので安定性は抜群です。足はゴムなので、フローリングでも滑ることはあまり無いと思います。

底面にスライド式のパネルが内蔵されており、これを引き抜くと、内部に溜まったホコリが一緒に出てきます。掃除もしやすくて衛生的です。寒い冬を乗り越えるのに、こういった足元を温めるヒーターはデスクワーカーに必需品ですね。

もちろん、リビングのテーブル下などに使用しても良いと思います。2灯式の幅だとパソコンデスクで使うより、そういった用途の方が合いますね。欠点は、見た目が古臭くて洋風の部屋には合わないことくらいでしょうか・・・。

まとめ


良い点
・作りが頑丈
・無段階調整で好みの温かさに調整できる
・足の裏側から温めるので、冷え性に最適
・スライド式のパネルで掃除が簡単
・消し忘れても時間が経つとタイマー内臓で電源が切れる

悪い点
・見た目が和風なので、洋室に合わない
・足元に置くので、足を置く高さが変わるのが嫌な人には向かない





ZPGBF管理人
Posted by ZPGBF管理人

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply