Anker「PowerCore 26800 (26800mAh 超大容量 モバイルバッテリー)」【レビュー】

ZPGBF管理人

昨今のスマートフォンのバッテリーは、3000mAh以上の大容量が当たり前のように搭載されています。スマホ自体の性能も向上し、要求される電力も多くなっているようで、大容量のバッテリーでも1日持たないことは良くあります。ずっとゲームなんてしていたら光の速さで無くなります。外出先でバッテリーが尽きてしまったら大変です。

その様な時はモバイルバッテリーが役に立ちます。コンパクトな物から大容量の物まで様々なモバイルバッテリーがありますが、今回は大容量のバッテリーをメインに紹介します。・・・と言っても写真載せるだけですが。

Amazon.co.jp
【Anker】 PowerCore 26800 (26800mAh 超大容量 モバイルバッテリー)

PowerCore 26800 入力も出力も高速な大容量バッテリー

主な製品仕様
製品重量:約495 g
製品寸法:約180 x 81.5 x 22 mm
入力: 5V ⎓ 4A (各ポート最大 5V ⎓ 2A)
出力: 5V ⎓ 6A (各ポート最大 5V ⎓ 3A)

ANKER: 全米No.1 USB充電機器ブランド
- 最先端技術よる高速かつ安全な充電
- 2000万人以上が支持する信頼の品質

毎日の充電にさよなら
本体に一度充電すれば、一週間以上再充電は必要ありません。iPhone XSに7回以上、Galaxy S9に約6.5回、ほとんどのタブレットやUSB機器に複数回の充電が可能です。

より速い充電技術
Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostにより全てのApple製スマートフォンやタブレット、ほとんどのAndroid機器に対して急速充電することができます(Quick Charge非対応)。

本体充電時間が半分に
二つの入力ポート搭載。モバイルバッテリー本体を倍速で充電できるので、この大容量ながら、わずか6.5時間ほどでフル充電が可能です(※合計4A入力が必要)。

最高の安全性
サージプロテクターや電子回路のショート防止などの優れた保護技術を搭載。長期間、安全にご使用いただけます。

ご注意:製品を正常に充電するために5V/2A以上出力できる充電器をご用意ください。

Amazon.co.jp


製品画像・レビュー


IMG_20181014_231246.jpg

IMG_20181014_231532.jpg

IMG_20181014_231624.jpg

IMG_20181014_231934.jpg

このバッテリー結構重いです。500グラム近くあるので仕方ないですね。充電ケーブルが2本も付属しています。充電器が2個あると、バッテリー本体に急速充電が可能になる優れものです。コンセント2箇所占有して充電器2個必要ですが・・・。

IMG_20181015_000525.jpg

用意しました!! 安心信頼のパナソニック製充電器 QE-AP108-K を2個使ってツインターボ仕様で充電すれば、あっという間に充電が出来ます!(半日かかった)

さっき気づいたのですが、製品ページにはこの様な製品説明があります。

>ご注意:製品を正常に充電するために5V/2A以上出力できる充電器をご用意ください。

IMG_20181015_001423.jpg


この充電器1.8Aなんですよね。まぁ問題なく充電完了していましたので、問題ないでしょう。気になる方は専用の充電器を用意しましょう。この製品、充電器は別売りです。

Amazon.co.jp
【Anker】 24W 2ポート USB急速充電器 (急速充電 / iPhone&Android対応 / 折畳式プラグ搭載) ホワイト


このように充電ポートが複数ある充電器であれば、わざわざ充電器を2個用意する必要はありません。バッテリーだけじゃなくて、スマホやタブレットを複数同時に充電できるし、こういうハイスペックな充電器は持っていて損はないでしょう。

ちなみに、僕はパナソニックの充電器以外にこのような充電器も使用しています。

Amazon.co.jp
【サンワサプライ】クランプ式USB充電器(TypeC1ポート+USB3ポート・ブラック) ACA-IP51BK


IMG_20181015_053003.jpg


机に挟んで固定できるので、非常に便利です。これ無しでのデスクワークは考えられない!
2個同時接続でも1個あたり2.4Aで充電出来るので、バッテリーの大きいタブレットもガンガン充電できます。ちょっと価格が高いですが、デスクワークが捗るのでオススメです。

能書きはこれくらいにしてモバイルバッテリー本体の話に戻ります。

バッテリー本体のPowerCore 26800ですが、価格の割によく出来ています。本体はプラスチックですが、マットな質感で安っぽさは感じられません。控えめなデザインは好感が持てます。プラスチックならスマホに当たっても傷付ける心配はありませんし。

バッテリー容量が3220mAhほどのNexus 6を、残り10%辺りまで使ってからフル充電するまで何回充電可能か試しました。7回はフル充電できましたが、8回目で充電が遅くなり始めました。3000mAhあたりのスマホなら約7回以上は充電出来ますね。

充電速度は2.0A出力の充電器で充電するより早かったです。スペックを見ると出力3.0Aとなっていますから、モバイルバッテリーの中ではかなり早い方だと思います。

最大で3台のモバイルに充電出来るようなので、iPhone XS max、Nexus 6、iPod touch (第5世代)の3台接続して充電してみましたが、ちゃんと充電出来ていました。

ただ、時間経つとPowerCore 26800自体が熱を持つので、緊急時以外では1台の接続で使用した方が良いと思います。2台接続でも最大出力で充電します(3.0A*2=6.0A)本体は最大6.0Aまで。

スマホ側ですが、3.0A出力だとバッテリーへの負担は大きいと思いますので、気になるようなら他のモバイルバッテリーにしましょう。ちなみに収納するためのポーチが付属していますが、100均レベルの出来です。まぁ何もないよりマシでしょう。しっかりしたケースが欲しいなら、別の物を用意した方が良いです。

26800mAhという超大容量なので、持ち運び許容範囲内ならPowerCore 26800は最強のモバイルバッテリーです。なにより高品質であるにも関わらず、価格が安くコストパフォーマンスも良いです。

Anker PowerCoreシリーズは多種多様な容量がありますので、自分に必要なサイズと容量で選択出来ます。僕がPowerCoreシリーズでバランスが良いと思うのは13000mAhのモデルです。

Amazon.co.jp
【Anker】 PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー ブラック) iPhone&Android対応


このモデルだと、3000mAhあたりのスマホなら3回充電して少し余るくらいです。僕はちょっと外出するような場合はPowerCore 13000を持ち運びしています。


Amazon.co.jp
【Anker】 PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載 / 折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)


充電器の機能を併せ持ったモバイルバッテリーもあります。充電器とバッテリーの両方持っていたいけど、なるべくコンパクトに持ち歩きたいという方にオススメです。容量も5000mAhあるので、スマホ1回フル充電するのに十分な容量です。普段持ち歩くならこういうモデルでも良いですね。外出先で使用できるコンセントがある場合は、僕はこっちを持ち歩いています。


これら紹介しているものは後ほどレビューしたいと思っています。
最近は災害などで電力供給が絶たれることもありますし、大容量のモバイルバッテリーがあれば安心です。普段から使わなくても、何か起きた時の為に、ひとつは持っておいても良いかと思います。

PowerCore 26800 まとめ


良い点
・26800mAhという超大容量
・1ポートで3.0Aと高出力
・3台までの機器に同時充電可能
・容量と品質を考えるとコストパフォーマンスが高い

悪い点
・大容量なので、充電器2個使ってもフル充電には時間がかかる





関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply