GeForce Experience ShadowPlay 録画をするために必要な設定 其ノ壱

ZPGBF管理人

GeForceGTX.jpg


今回は、GeForce Experience ShadowPlayでゲームのスクリーンショットや録画をするために必要な設定方法を紹介したいと思います。

ゲームを録画するにあたって、まずはステレオミキサーが有効になっていることを確認。これが無効になっているとゲームやマイクの音声が入らなかったりするので、これは基本的な設定になります。しかし、最近の配信ソフトや録画ソフトではステレオミキサーは不要な場合が多いので、その場合はこの項目を飛ばして問題なし。
とりあえず、Realtekオーディオドライバーをインストールした直後に確認してみましたが、どうも初期状態で無効になっている模様。2台インストールして2台とも無効になっていたので仕様なのでしょう。

ステレオミキサーの確認方法。Windowsの設定を開き、システムをクリックする。

001.jpg

次に、左側にあるサウンドタブをクリックし、右側にあるサウンドコントロールパネルをクリック

002.jpg

サウンドが開くので、録音タブをクリックする。

003.jpg

ステレオミキサーが無効になっていたら、マウスを右クリックして有効にする。表示されていなければ、無効なデバイスの表示にチェックを入れる。

004.jpg

有効になったことを確認したらウィンドウを閉じる。
必要であればプロパティを開いて音量やサンプルレートの設定をする。

005.jpg

次に、GeForce Experience を起動する。インストールしていなければNVIDIAの公式ホームページからインストーラーをダウンロードしてソフトをインストールする。グラフィックスドライバーがまだインストールしていなかったり、古いバージョンならついでに最新バージョンにする。現時点でドライバーがインストールしてあり安定動作しているなら、無理に最新にする必要は無いと思います。
geforce experience を起動したら、右上にある設定アイコンをクリックし、ゲーム内のオーバーレイという項目がオンになっていることを確認する。

006.jpg
GeForce Experience 設定画面

キーボードの Alt + z を押してオーバーレイを開き、画面右にある設定アイコンをクリック。
そうすると色々な項目が設定できるので、必要なものを選んで設定する。


007.jpg
オーディオ

ゲームの音量やマイクの音量はこれらのスライドを0~100%の範囲で動かして調整可能。


008.jpg
キーボード ショートカット

キーボードのショートカットの設定は、特に拘りがないのでデフォルトのまま。


009.jpg
録画

この項目は、録画したデータがどこのフォルダに記録されるかの場所を指定する設定。
僕のパソコンはシステムストレージとゲーム用のストレージがSSDなので、一時フォルダと録画したファイルがHDDに記録されるようにフォルダを指定する。
動画などの大容量の書き込みをSSDで行っていると消耗が早まってしまうため、この設定は必須。ストレージがHDD単体のパソコンをお持ちの方はあまり気にしなくても良いと思います。
複数のストレージを搭載しているなら、システムストレージとは別のストレージに指定する方が、システムの動作を妨げなくなるのでお勧めです。


010.jpg
ハイライト

ついでにハイライトのフォルダ構成も変更。

第二回に続く。
http://zpgbf.jp/blog-entry-3.html
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply