GeForce Experience ShadowPlay 録画をするために必要な設定 其ノ弐

ZPGBF管理人

GeForceGTX.jpg


GeForce Experience ShadowPlay 録画をするために必要な設定 第一回の続き。

第一回はこちら: http://zpgbf.jp/blog-entry-2.html

011.jpg
ビデオのキャプチャ

インスタントリプレイとは、時間をさかのぼって記録出来る機能。長さは何分前までさかのぼるかの設定。
初期設定は5分になっていて、最大20分前まで設定出来る模様。長く設定すればそれだけ大きな容量が必要になるので、その分の空き容量を確保する必要がある。インスタントリプレイは便利ですが、常にストレージへの書き込みを行っているので、記録場所をSSDに指定していようものなら光の速さでSSDの寿命が来てしまいます。
HDDにしても良くはなさそうなので、不要な場合はオーバーレイトップにあるメインメニューで、インスタントリプレイをオフにしておく。必要なときにオンにすれば良いです。当然ですが、必要だからといってオンにした瞬間に録画を開始しても、オンにした以前の記録は無いので、さかのぼって記録することは出来ないです。いつでもさかのぼって記録出来るようにしておきたいなら常にオンにしておくしかないのです。

クオリティとは、その名の通り動画の品質。設定が高いほど動画の品質は上がり綺麗になるが、当然容量は増える。ビットレートを調整すると自動的にカスタムになる。ビットレートを上げることによって品質は良くなる。

解像度とは、記録する動画の解像度のこと。4K(2160pHD)解像度でゲームをしていても、この設定で1080pHDを選択していれば、記録される動画の解像度は1080pHDになる。1080pHDとは一般的にフルHD解像度(1920*1080)のこと。

フレームレートとは、1秒間に何回画面を書き換えるかの設定。30と60がありますが、見栄えを重視するなら60が良いです。容量が気になるなら30でも問題なし。ゲームによって60FPSを全く維持できない場合はフレームレート60は無用の設定です。ゲームを60FPSキープでヌルヌル動かせないなら、この項目で60に設定しても意味が無いです。30にして容量を節約しましょう。

ビットレートとは、この場合では品質のこと。上げすぎると動画の容量が凄まじいことになるので、数値を見ながら最適な位置に調整する。4K@60の最大ビットレートで記録しようものなら、大容量HDDがいくらあっても足りないです。

ちなみに僕はバランスの良い1080pHD@60フレームに設定しました。ビットレートは設定出来る上限の50。
更に品質を上げたい場合は解像度を「ゲーム内」にしてビットレートを上げる。この場合はゲーム自体の解像度の設定が優先されるので、例えば4Kで設定しているなら録画される解像度も4Kになるので注意が必要です。
僕の環境だとモニターが4Kなので、「ゲーム内」で設定すると記録される動画が4K解像度になってしまう。フルHDで録画したい場合はゲームの解像度の設定をフルHDにする。そうすれば録画した動画の解像度はフルHDになる。この方法であれば録画する解像度を1080pHDのままでビットレートを上げることが可能になります。


013.jpg
プライバシー管理

デスクトップキャプチャをオンにすると、デスクトップごとの録画が可能になる。ゲームをモニターの解像度より小さいサイズ(ウィンドウモード)で起動しながら別のソフトもデスクトップに映して記録したいという場合に便利。
例えばこれはベンチマークソフトを走らせながらモニタリングソフトも一緒に記録するなどに使える。当然ですが、デスクトップの壁紙ごと記録されてしまうので、はずかしい壁紙にしている人は注意が必要になります。


012.jpg
通知

ゲーム中に画面右上辺りに出てくる通知。録画を開始したときなどに通知でお知らせしてくれる機能。特に邪魔に感じないならデフォルトのままで良いです。通知が出てくるのが嫌な場合は、必要なものだけオンにするか、全部オフにする。当然ですが、通知が無いと録画を開始したのか記録されたのか分からなくなります。個人的にはデフォルト設定(全部オン)をお勧めします。

基本的な設定はこんな感じです。あとはゲーム中にAlt + F9 を押せば録画が開始される。もう一度押せば録画を停止する。
インスタントリプレイをオンにしているなら、記録したいと思ったタイミングでAlt + F10 を押せば良いです。設定した長さで記録されるはずです。

以上、「GeForce Experience ShadowPlay 録画をするために必要な設定」でした。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply