windows版 iTunesで楽曲が再生出来ない場合の対処方法【ソフトウェア】

ZPGBF管理人

Windows 10でiTunesを使用している時に、楽曲の再生をクリックしても無反応な場合があります。エラーが出るわけでもなく文字通り無反応です。シークバーの位置は0:00のまま動かず、早送りや一時停止など他の操作をしても楽曲の再生が始まりません。今回はこの無反応状態を何とかする方法のひとつを書きます。

iTunesは起動している状態でサウンドの既定のデバイスを変更すると、上記のように無反応状態になってしまいます。この場合はiTunesを再起動することによって直ります。これは仕様なので仕方ありません。稀にデバイスを変更してもそのまま再生可能の場合がありますが、条件がよく分かりません。

元々無反応な場合、及び再起動で直らない場合の対処方法ですが、iTunesの環境設定を開き、再生タブをクリックしてから「オーディオの再生方法」の項目を「Windows Audio Session」から「Direct Sound」に変更し、再起動します。

004.jpg

オーディオの再生中にコンピューターのシステムサウンドが聞こえるようにするには、[Direct Sound] を選択します。再生中にシステムサウンドをオフにするには、[Windows Audio Session] を選択します。

アップル公式サイト



サイトの説明にある通り「Direct Sound」に設定すると、楽曲を再生している時にシステムサウンドが聞こえるようになります。音が出ない(再生出来ない)ということは、既定のデバイスの種類によってはシステムサウンドと認識されているのでしょうかね。何故この方法で解決するのか調べてみましたが、僕には分かりませんでした。

無反応で再生不可能状態よりはマシなので、他に解決方法が無い場合は試してみては如何でしょうか。

ちなみに、サウンドの開き方はコントロールパネルを開いて「ハードウェアとサウンド」をクリック。

001.jpg


ハードウェアとサウンドのページで「サウンド」をクリック。

002.jpg


サウンドの設定ウィンドウが開きます。
タスクバーのスピーカーアイコンを右クリックしてサウンドを選んでも開くことが出来ます。

003.jpg


既定のデバイスを変更する場合は、変更したいデバイスの項目を選んで「既定値に設定」をクリックします。同時に音量などの設定を確認しておきましょう。

以上
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply